【ポツダム観光】半日モデルコース|ベルリン発の日帰り観光

ポツダム 観光Germany / ドイツ観光

ポツダムはベルリンに隣接する湖と森に囲まれた美しい街で、17世紀~18世紀にかけてプロイセン王の統治のもとに栄えました。

ベルリン中央駅からRE快速で約25分、又はSバーンで約35分で行くことができますので、ベルリン観光の合間のエクスカージョンとして足を延ばすのにちょうどよい距離です。

ポツダムの一番の見どころは何といっても世界遺産の「サンスーシ宮殿と、第2次世界大戦において日本の無条件降伏を求める「ポツダム宣言」が表明された場所でもある「ツェツィーリエンホーフ宮殿です。
今回は、ベルリン観光と合わせて楽しめるポツダム日帰り観光モデルコースをご紹介します。

① ポツダム駅 → ② ツェツィーリエンホーフ宮殿 → ③ サンスーシ宮殿 → ④ ブランデンブルグ門

Sponsored Links

ポツダム駅

意外と大きなポーツマス駅

まずはベルリン中央駅からS7又はREに乗車し、ポツダム駅まで約25分の電車の旅です。

大きくて賑やかなポツダム駅に到着したら、最初の目的地である「ツェツィーリエンホーフ宮殿」を目指します。

駅前から92番か96番のトラムに乗車しRathaus駅で下車、その後603番のバスに乗り換えてSchloss sanssouciで下車します(トラムのPuschkinallee駅で下車して約20分歩くという方法もあります)。

トラムの駅はこんな感じ
こちらがトラム

トラムにはそれぞれ番号が表示されていますので、方向さえ間違わなければ簡単に利用できます。

所在地Friedrich-Engels-Straße 99, 14473 Potsdam
Sponsored Links

ツェツィーリエンホーフ宮殿

こちらが、1945年7月17日から8月2日に開かれた歴史的会議「ポツダム会議」の場となった「ツェツィーリエンホーフ宮殿」です。

王族が居住していたこともある宮殿ですが見た目はかなり質素で、ここに、イギリス、アメリカ合衆国、ソビエト連邦の3ヶ国首脳が集まって会談をしている様子はとても想像ができません。

客間
ダイニングエリア

内部は博物館になっており完全予約制ですので、事前にHPからチケットを購入しておきます。日本語のオーディオガイドがついてきますので、展示物を見ながら説明を聞くことで歴史に詳しくない方でも理解を深めることができます。

こちらの円卓がまさに3首相が向かい合って座った場所です。筆者は歴史に詳しいわけではありませんが、さすがにここは少し興奮しました。

当時の会談の様子
写真のタイトルが「The Big Three」です

写真は英国首相:ウィンストン・チャーチル、アメリカ合衆国大統領:ハリー・S・トルーマン、ソビエト連邦共産党書記長:ヨシフ・スターリンです。

広島に関する展示もありました

ドイツの街は数カ所旅をしましたが、ここ「ツェツィーリエンホーフ宮殿」は特に印象に残っています。特に歴史が好きな方にとっては大変興味深い場所ではないでしょうか。

所在地Im Neuen Garten, 14469 Potsdam
HPhttps://www.spsg.de/schloesser-gaerten/objekt/schloss-cecilienhof/
Sponsored Links

サンスーシ宮殿

プロイセン国王フリードリヒ2世が夏の居城として1745~47年に建てたのがこちらの「サンスーシ宮殿」です。

城の目の前は階段状のブドウ畑になっていて、夏は新緑のブドウ畑がそれは美しい光景を作り出すのですが、訪問が12月しかも雨の降る日だったため、なんとも寂しい写真になってしまいました。

ですが、ここはユネスコの世界遺産に登録されていて夏季は大変混みあうため、冬はある意味狙い目かもしれません。
完全予約制となっていますので、事前にHPからチケットを手配しておきます。

城は小ぶりな平屋建てで、可愛らしい黄色の外観からは質素な印象を受けますが、内部はロココ調の豪華な造りです。特に音楽演奏室は壁と天井が見事な黄金の植物で飾られており、城内部の一番の見どころとなっています。

通路も美しい絵画やインテリアでいっぱいです
フリードリヒ2世の墓

城の脇の小さな芝生エリアにフリードリヒ2世のお墓があるのですが、最後の願いが愛犬たちのそばに埋めて欲しいというものだったので、その通りにこちらの質素な墓石の下で愛犬とともに眠っているそうです。

また、フリードリヒ2世はジャガイモの栽培を奨励して、食料事情の改善に大きな役割をは果たしたことから、墓石の上にはいくつかジャガイモが置いてありました。

所在地Maulbeerallee, 14469 Potsdam
HPhttps://www.spsg.de/schloesser-gaerten/objekt/schloss-sanssouci/
Sponsored Links

ブランデンブルク門

ここポツダムにも「ブランデンブルグ門」があると聞いて来てみたのですが、残念ながら工事中でした。

2020年現在すでに工事は終了しているようなので、行けば美しい写真を撮ることができるかと思います。「サンスーシ宮殿」から徒歩約13分の所にあります。

門の前の広場から延びるクリスマスマーケット
またここでもカリーヴルスト

門前の広場とそこから延びる道路ではクリスマスマーケットが開かれており、とても賑やかでした。

観光は以上ですので、近くのLuisenplatz-Sud/ParkSansspuci駅よりトラム91番か98番でポツダムの駅へ戻ります。

所在地Luisenpl., 14471 Potsdam
HPhttps://www.potsdam.de/brandenburger-tor-und-luisenplatz
Sponsored Links

おわりに

ベルリンから電車でわずか30分程度のところにあるポツダムの日帰り観光モデルコースをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
こちらが今回の行程表です。

小さな町ですが、とても美しく見どころも沢山あります。
特に歴史に興味がある方にはおすすめですので、ベルリンにお越しの際は是非このポツダムにも足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

Copyrighted Image